手首や足首に付けるアクセサリーミサンガの魅力はサッカーブームに乗って。

ミサンガってご存知ですか?昔、ミサンガがとっても流行りましたよね。そんなミサンガの作り方、知っていますか?結構簡単に手作りミサンガが出来ちゃうんですよ。今やミサンガは、アクセサリー感覚で身につけている人が多いですよね。編み方もそんなに難しくないし、ミサンガの作り方って本当簡単なんです。手作りのミサンガというのもまたお洒落じゃないですか。今回はそんなミサンガについてお話しましょう。ミサンガとは何か?ミサンガの作り方とは?ミサンガの歴史って?知りたいこと、いっぱいですよね。詳しくお教えしちゃいましょう。
まずミサンガとは何か。紐が編みこんである、手首や足首に付けるアクセサリーです。歴史はとても浅いけれど、一瞬にして日本人の心に根付きました。流行したのは1990年代ですね。サッカーの選手が自チームの勝利を願うようにして身につけたのが、きっかけでした。その頃はサッカーが大のブームでしたから。瞬く間に流行になり、広がりました。ミサンガ手作りキットなんかも登場したり、学校などでも大流行り。手作りで簡単に出来るというのもあり、編み方などを研究する人までいましたね。ミサンガが自然に切れた時、自分の願いが叶う、というジンクスも生まれ。本当に大流行だったんですよ。そんなミサンガは作り方も本当に簡単。それでは今度は簡単なミサンガの作り方についてお話しましょう。


ミサンガ 作りに役立つ関連情報はこちら>>

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

[ナイスな情報]

ミサンガの作り方をどんどん覚えれば、さらにミサンガの魅力に触れられます。

用意するのは糸です。出来れば刺繍糸くらいのものの方が、太さ的にとても良いですね。色はお好きな色で何種類か選んでください。手首の長さに合わせて、ですよ。それを束ねてください。はしっこから少し離れたところを結んで玉をまず作るんです。そして左端にある糸を中央に、次に右端にある糸を中央へ。それを繰り返していく編み方で行けば、簡単にミサンガは完成。ミサンガの作り方は他にもまだ斜めや玉を作っていくなど沢山の作り方があります。ミサンガの作り方は一種類だけじゃないんです。ミサンガの作り方次第では、文字を入れたり模様を作ったり、イニシャルを盛り込んだり、色とりどりのものにしたり、様々なことが可能です。でもそれには少し高度な技が必要ですね。文字や模様やイニシャルなんて、そう簡単にはいきません。色も綺麗に揃うように調節をしなくてはいけませんしね。「これじゃ簡単なミサンガの作り方じゃないよ〜」なんて思うことでしょう。でもこれは自分でまず努力して研究していくものです。かつての子供達がそうしていたように。
ミサンガの作り方は山ほどあるので、その中から自分流のミサンガを作るのも面白いじゃないですか。

ひと味違う素敵なブレスレットのいろいろはこちら>>

自分だけのミサンガを作るのも良いし、通販で可愛いミサンガを見つけるのも楽しいですね。

どうしても文字や模様、イニシャルを盛り込みたいと思う方ならば、通販を利用されてはいかがでしょうか。通販サイトでは、そんな希望に応えてくれるところもあるんですよ。お洒落なミサンガも通販サイトには沢山ありますから、一度通販サイトをご覧になってみてはどうでしょうか。あなた好みのミサンガや、自分の希望を叶えてくれるところ、沢山見つかるはずです。ミサンガは大流行の後も、静かに日本人の心に根付いていきました。静かに、でも揺るがなく、定番としてありつづけています。今ではお洒落的な意味合いが強いミサンガですが、自分なりに願掛けしてみるのも面白くて良いかもしれませんよね。
ミサンガの歴史はまだまだこれから。作り方もそれぞれ。ミサンガの作り方を自分で編み出すことによって、尚更楽しみが増えるかもしれませんよ。簡単なミサンガも手首などに通すと、なかなかのものです。でも人間欲深いですからね。もっともっと良いものが欲しい!って思ってしまうのはしょうがないことですよね。ミサンガの作り方を考えつつ、色々試しつつ、そうやっていけばきっと何か本当に願いも叶うんじゃないか、なんて思います。願いを叶えるジンクスを持つミサンガ。昔から今まで、そのジンクスは消えたわけじゃないんですよね。アクセサリーとしても、ジンクス的な意味合いとしても魅力的なアイテムがミサンガです。あなたもミサンガの作り方を覚えて、ミサンガの魅力に触れてみてはいかがでしょうか?きっとハマっちゃうと思いますよ。そしてミサンガの魅力に触れて、願掛けなんかしてみて、毎日ミサンガを身につけてみてくださいね。

ひと味違うアミュレットのいろいろはこちら>>

Yahoo!<<<|Copyright © 2008 favoriteたろぞう